実際に生活してみたら不便?中古別荘の立地選びでは周辺環境をしっかりチェック!

実際に生活してみたら不便?中古別荘の立地選びでは周辺環境をしっかりチェック!

これから中古別荘の購入を検討している人もいることでしょう。
購入の決め手は人それぞれですが、立地で選ぶことも重要なポイント。
例えば安らぎや癒やしを求めて中古別荘を購入するのであれば、山々や森林に囲まれている静かな自然環境に恵まれたエリア、あるいは繁華街や大きな商業施設とは離れた、ローカルなエリアを選ぶことになるはずです。
その一方でスキーやマリンスポーツなどレジャーを目的に中古別荘を手に入れたいなら、スキーのゲレンデが直ぐ近くにある、海が目の前に広がっているなど、レジャーの目的に合った立地選びが求められます。
ただしどんな目的であっても、交通の利便性については、周辺環境をしっかりチェックしなければなりません。
電車でアクセスするのであれば、周辺の駅の有無や乗り継ぎの回数、さらに駅から別荘までの距離やバス利用の可否まで、詳しくチェックする必要があるでしょう。
もちろん車でアクセスする場合であっても、幹線道路やICとの距離や時間そして道順など、トータルにチェックすべきです。

別荘の管理会社へ直接問い合わせるのはよいこと?

別荘を購入するとき、不動産業者を通さずにオーナーや管理会社へ直接問い合わせる人も少なくありません。
実際に直接確認することのメリットとなるのは、仲介手数料を支払わなくて済むことです。
仲介手数料は物件を仲介で手に入れるときに必要となる物で、不動産物件を割高にする要因の一つとなります。
コストを抑えて別荘を手に入れたいと考えているなら、非常に良い方法であることは確かです。
しかし、デメリットも存在しています。
デメリットとは物件に関しての話し合いがすべてスムーズにいくとは限らないことです。
不動産業者がいれば第三者の視点から納得できる話し合いができたかもしれない場で、オーナーや管理会社と感情的な行き違いによって契約不可能となることになることは珍しくありません。
せっかく良い物件を見つけたとしても、コミュニケーションが円滑に行われない場合には、契約が不可能です。
また、オーナーや管理会社側から不当に高い金額を請求されることもあります。
効率よく別荘を購入するために必要なのは直接か、不動産業者を通すのか、よく考えてから利用してください。
に関する情報サイト
中古別荘の購入前に知っておきたいこと
このサイトでは、中古別荘の購入には事前準備が大切であることを様々なポイントを具体的に示しながら詳細に解説しています。特に、初めての人に購入までの基本的なポイントがわかるように記載されているのが特徴です。 購入する前には非常に良いと思っていても、実際に生活してみたら不便に感じることも少なくありません。これを防ぐためには立地選びでは周辺環境をしっかりチェックすることや、必ず現地へ足を運んで内覧をすることが必要であることを具体的な例を交えながら詳細に解説しています。

Search